初心者 FTP設定(手抜き)メモ

CentOS & vsftp

現在の状態確認&変更↓

vi /etc/vsftpd/vsftpd.conf

「FTPのユーザー」というものは無く、LinuxのユーザーがFTPのユーザーになるので、Linuxユーザーを設定する。
アカウントとディレクトリ生成↓

cat /etc/passwd               //ユーザーを確認
useradd -D                    //ユーザー追加のデフォルト設定確認
useradd username              //ユーザー追加
passwd username               //パスワード設定
chown username:username usean //権限変更

デフォルト設定に記述された場所(通所は/home)以下にユーザー名と同じディレクトリが生成され、そこがホームディレクトリになる。

新規のアカウント追加はとりあえずこれでOK。
困ったらググる。

【追記:ホームディレクトリーの変更方法】

/etc/vsftpd/vsftpd.conf の user_config_dir に書かれているパスに移動。
多分↓こんな感じ。

user_config_dir=/etc/vsftpd/vsftpd_user_conf

追加したユーザー名と同じファイルを作成し、ルートにしたい
ディレクトリ名を記述。

local_root=/var/www/hogehoge/fugafuga

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.