初心者 mountコマンド(手抜き)メモ

頭を使わずにマウントの操作をする自分専用メモ。

設定ファイル(マウント元・先の情報は別)

/etc/samba/smb.conf

マウント元・先の設定ファイル

/etc/fstab  //起動時に読み込まれる設定
/etc/mtab  //マウント時に自動で更新される

/etc/fstabの設定は大よそこんな感じ

/dev/VolGroup/LogVol/                           ext3    defaults        1 1
LABEL=/boot             /boot                   ext3    defaults        1 2
tmpfs                   /dev/shm                tmpfs   defaults        0 0
devpts                  /dev/pts                devpts  gid=5,mode=620  0 0
sysfs                   /sys                    sysfs   defaults        0 0
proc                    /proc                   proc    defaults        0 0
/dev/VolGroup/LogVol    swap                    swap    defaults        0 0
//NAS1/img              /mnt/img/     cifs  user=username,password=1234 0 0
//NAS1/ftp              /mnt/ftp/     cifs  user=username,password=1234 0 0    

とりあえずマウント状況確認

mount -v

fstabの内容で再マウント

mount -a

作業の流れ
 1. fstab を書き換える
 2. mount -a


マウント済みのディレクトリは mount -a では解除されないので
umount で解除する。

umount -l /mnt/img
umount -l /mnt/ftp

削除できない場合は -l オプションを付ける


これで足りない情報は別途ググる。
Linuxコマンド集 – 【 mount 】 ファイル・システムをマウントする:ITpro


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.