SpreadSheetでバトオペカスシミュ更新 [設計]

Wikiさんへのスクレイピングでデータを更新する計画ですが、テーブルに特定のidが無い事や表記揺れ等でエラーがでる度に調整が必要になりむしろ手間が増えてしまいそうだったのでボツになりました。

・・・というのが半年前。

以降更新が止まってしまっていたのですが、使われている方もまだまだいるのに放置は無いなーということでこんな更新方法を考えてみました。

ごにょごにょ書いてありますが要は、

 1. googleのスプレッドシートにデータを入力して
 2. 参照用シートを1枚かませて
 3. 参照用シートをPHPから呼び出してJSON化
 4. それをテスト本番に反映

という感じです。

何故こんな更新方法を考えたのかと言うとスプレッドシートは共有できるからです。

もっと噛み砕くと、

バトオペが好きな人に更新してもらえるかも?

という思惑からです!

もちろん自分サボらなければ良いだけの話なのですが、今までも、そしてこれからも更新が遅れ遅れになってしまいそうですし、更新情報を報告頂ける方もいらっしゃるのでそれなら自分の手を放して有志の方にお任せしたほうがむしろ更新が滞らないんじゃないか?という思いがあります(半分は自分の怠惰ですが…)

とはいえ、無差別に書き込みを許してしまうとイタズラの対応などが大変なので、しばらくは信頼できそうな方(のgoogleアカウント)にスプレッドシートへの書き込みを許可して更新いただこうかなと思っています。

この方法であれば、

 ・誰がどこを更新したか履歴が残る
 ・万一いたずらや間違いがあっても履歴から戻せる
 ・履歴からも戻せない場合は(私のローカル)ファイルから戻す

といった事が可能です。

更新されたシートのデータは直ぐに本番に反映されるわけではなく、テスト、本番へ更新用ページを通してシートのデータを反映できるようにしようと思っています。
(このページはBasic認証かgoogleアカウントの認証で制御かな)

先ずは今日明日でシートの作成と、できればJSONの出力まで終わらせて明日中にはテストページに反映できると年内には完成するかも。

Oculus Rift Development Kit 2 購入

自分は、

・昔ゲーム会社で3Dモデラーだった
・JavaScriptが(そこそこ)書ける
・Unityに興味がある

というステータスなのでこれはもうやってみるしかないかなと思ってポチりました。
商品350ドル + 送料75ドル で 425ドル(51,995円)でした・・・円安イタタ;

[追記]
一応注意喚起と言うことで。欲しい人は公式で買いましょう。
http://togetter.com/li/570190

2014-11-26_153631

クレカで支払う場合はデポジットの50ドルが必要だそうです。

2014-11-26_153722

クレカを入力のフォームにデタラメなカード番号を入力するとその場でエラーがでるので非同期で確認をしてるっぽいのですが、仕組みが良くわからず、ページにSSLがかかっていないのが気持ち悪かったので自分はPaypalで決済しました。

到着まで2週間程度との事、到着が楽しみ。
発送のステータスですが ここ でメアドを入力したら調べられました。

10年位前に作った小麦ちゃんのローポリがあるのでまずはそれを動かしたいかなぁ。
うひひ楽しみだ♪
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=1115652

macでlocalhost(apacheとPHP)を使う

Macのローカルでもコードの実行確認がしたくなったのでメモ。

webサーバー起動

sudo /usr/sbim/apachectl start //起動

PHPを使うためにhttpd.confを修正

sudo vi /etc/apache2/httpd.conf
//コメントを外す
#LoadModule php5_module libexec/apache2/libphp5.so
LoadModule php5_module libexec/apache2/libphp5.so
sudo /usr/sbim/apachectl restart //再起動

localhostの参照ディレクトリ
/Library/WebServer/Documents に適当なphpファイルを設置

//test.php
<?php phpinfo(); ?>

ブラウザから http://localhost/test.php にアクセス⇨動いた。


で、twitterとかのコールバックもチェックしたいので、実環境と同じURLでチェックできるようにする。

hostsの書き換え

sudo vi /etc/hosts
#追記
127.0.0.1 test.keycreate.jp

これで、ディレクトリ/Library/WebServer/Documentstest.keycreate.jpが紐づく。

これだと複数のURL⇔ディレクトリを紐付けたい場合に毎回hostsを書き換えないといけないのでバーチャルホストを設定したいけど、とりあえずここまで。

トカゲの王 鴨涼 1/7(オルカトイズ)

tokagenoou0

Amazonで安売り(2,828円)してたので購入。造りはそれほど悪くなく顔もかわいいです。
レビューで「肌が黄色い」と騒がれている通り黄味が強いですが、個人的には他の娘と見比べなければそこまで違和感を感じるレベルでは無いと思います。
あと、スケールが1/7とありますが1/8なんじゃないでしょうか?(オリジナルを知らないので等身が低いのかもですが・・・)

※これは自分がハズレを引いただけなのですが、新品にも関わらず左太もも(6枚目の写真)に大きなキズが入っていました(=_=;)

MacのCyberDuckでトンネル接続(鍵認証)

Windowsの場合だとWinSCPで簡単に設定できるのにMacだと単体でトンネリングを行うソフトが無いみたい。

Qiita:Macで踏み台先のサーバにFileZillaでアクセスする方法メモ
は鍵の事が書いてなくて良くわからず。

Macで秘密鍵を使ったSSH認証を行う
こっちはターミナルからsshをするときのコマンドを短くできて便利でした。が、コレジャナイ・・・。

MacでSSHトンネルをする
で、自分的にはこれが正解でした。

ダウンロードはこちら

大事なところに接続する為の踏み台サーバーなので「Coccinellida」というツールを全面的に信頼していいのかわかりませんが、背に腹は代えられず。
ちなみに自分の場合は踏み台、目的サーバー共に鍵認証でした。

タブを切り替えないと登録した項目がちゃんと表示がされないのはyosemiteに対応してないからなのか単なるバグなのか・・・。

とりあえずちゃんとトンネリングで接続できたので結果オーライ。